読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最後はオプション

オプションに関係しないことが大半の雑記です

投資で成功するためのたった一つの秘訣とは?

投資にはいろんなノウハウがあります。
どれが良いか、どれが信じられるか皆さん悩みます。

私はノウハウを信じきれず裁量を入れてしまうことも多々あるのですが、私みたいに裁量を一切いれることなく、100%信用しきることが出来るのであれば、手元の資金を投下すればいいと思います。

全財産を投下するのはどうかと思いますが、ある程度決まった金額は全部預けちゃうという感じですね。


それで上手くいかなかったら情報配信者に「あんたの言ったとおりにやったら損した。保証しろ」とでも言えば、お金は返ってこないですが他人のせいに出来ます。
気が済むまでクレームを言っておいたら良いかと思います。

 

私の事例で言うと、私自身の頭で考えて、リスクが高いと判断してトレードをしまいノウハウがたくさんありました。

せっかく買ったのに、100%信じること無く、お蔵入りにしてしまうってわけですね。あ、今ならハードディスクの肥やしか。

それが投資判断としてあっているとか間違っているかは問題ではなく、そうやって自分の判断をすることが重要なんだと思っています。

 

子供が自転車に乗れるようになるためのプロセスに欠かせない、転ぶというリスクを引き受けて、自らの体でバランスを取って見ないことには、一生かかっても乗りこなすことはできないのです。うまく乗ることなんて絶対できないんだと娘を見ながらひとり感慨深く頷いています。

  

この「失敗しながら修正して学ぶ」ということを、ほとんどの方は恐れてるんですよね。

最初から100%うまくいことばかりを追い求め、リスクを極端に避けていると言っても良いでしょう。


投資というリスクがあるジャンルに足を踏み入れたのに、なぜか極度にリスクを恐れてペダルをこげない。

誰かに補助輪を付けてもらったり、代わりに自転車を運転する人を探してしまうのです。

 

もちろんこれが悪いというわけではありません。

信用出来る人、信頼できる人が見つかれば、そして一生その人があなたのために働いてくれるなら、自転車運転代行をお金を払って頼み続ければいいと思いますが、一生を保証する人を見つけるのは大変です。

いつかその人はいなくなる(サービス終了)するでしょうし、そうなったらその人はどのみち自転車に乗る練習をしなければならないんです。


いずれ自転車に乗る必要があるのだったら、今は苦しくても自分の力で乗り方を覚える必要が私はあると思っています。

将来サイクリングを家族で楽しめるような目標を持って今は一生懸命頑張ってみる方が、ずっと楽しいんじゃないかと考えて私は行動しています。

 

成功するための秘訣とは「失敗すること」。

そしてここから学びや気づきを得て、次に活かすこと。

 

これしかないと私は思っています。