最後はオプション

オプションに関係しないことが大半の雑記です

2,000円のbluetoothイヤホンの快適さにマジで驚いた

先日はてなブログamazonランキングを公開されている記事を見ました。

tsukuruiroiro.hatenablog.com

こちらです。

 

1番目にbluetoothイヤホンが出ていました。

 

ただのイヤホンでしょ?

私がこの記事を見た時に、さほどメリットを感じませんでした。

ただのイヤホンだしね~。

 

と思いながらも、ジムに行ってランニングマシンを使っている時にコードがちょっとじゃまになったことを思い出しながら、

「ジムに行く時くらいには役立つかな」

程度の気持ちで購入しました。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ax8E1TybL._SL1000_.jpg

Amazon CAPTCHA

アマゾンのリンクが何故かこうなる。別にアドセンスとか入れてないので構わないですが・・・。

 

梱包など

適当に写真を撮りました。

梱包はこんな感じでコンパクトに収納されてます。

f:id:option-trade:20160617223842j:plain

 

内容物はこんな感じです。

f:id:option-trade:20160617223940j:plain

 

装着した感じ。

私の耳は人並みの大きさだったようで、他のサイズも試しましたがデフォルトサイズが一番しっくりきました。

f:id:option-trade:20160617224056j:plain

結構、水の中に入ったみたいな密閉感があり外の音が聞こえない感じです。

音がしっかり聞こえます。

 

耳に装着すると、このようにコードが垂れ下がりますが音源がないのでコードがフリーとなります。

体の後ろにするとスッキリしますがコントローラーも後ろに行ってしまうので、コントローラーを使うかどうかで切り替えたら良いかと。

f:id:option-trade:20160617224253j:plain

 

おまけ。

USB充電しているところです。

本体よりも充電コードのほうが太いので、なんか異様な光景。

f:id:option-trade:20160617224412j:plain

 

夢が広がる!

これ、何となく良いかな~という程度で買ってみたのに、良い意味で裏切られました。

 

イイんですよ。これ。

 

イヤホンを取り扱う際に生じるあらゆる不満が解消されました。

例を挙げます。

 

バッグを肩に掛ける際に順番に悩まない

私のバッグはリヒトラブの斜めがけバッグなのですが、普通にイヤホンをする場合にはバッグを方にかけてからイヤホンをしないと、コードが胸のところで挟まれちゃいますよね。

option-trade.hatenablog.com

かと言って電車に乗って移動するときに座れた際にかばんを方から下ろすと、コードが絡まる。

地味に順番に悩むんですよ。

 

それが全く無くなった。

 

イヤホンとバッグが必ず対立していたのに、bluetoothにした途端に喧嘩することがなくなりました。

これ、経験してみないと「あ、こういうことか!」ってならないですね。

 

コードの絡まり

コードが短いから絡まらない。

バッグに入れてもぐちゃぐちゃにならない。

 

寝かしつけ

子供寝かしつけるときに、スマホからコードが出ていると子供が気づいていじってくるんですよ。

それがこのイヤホンなら、本体が部屋の外。

ということは本体がないから薄暗いところで耳に付けていても不自然じゃない ←おもいっきり不自然だけど。

 

この寝かしつけはまだトライしてませんが、こういう夢が広がってきて本体が手元にないのに音声が聞こえるということの可能性を感じてきました。

 

他には、皿洗いしながら聞くのも良いですね。

家事を手伝いする良いパパを演じながらこっそり音声を聞けるw

 

その他にいろんな可能性がありそうな気がしています。

これ装着しないと実感しないというところが、また購入の満足度を上げてます。

 

メガネ君には最適

実はメガネをしている人にとって、ヘッドフォンは出来ないんですよね。

つるが痛くて。

なのでどんなに優れたヘッドフォンがあっても、「つるが痛いし」ですべてが終わってしまいます。

その点でイヤホンにこだわざるを得ないという事情もあります。

この辺りは非メガネ君には一生わからない不満です。

(じゃあコンタクトしろよというのは置いといて)

 

まとめ

とにかく伝えたい事は、今までイヤホンのコードに関する不満を結構持っていたなと自分自身が気づくきっかけになったということです。

「そんなに嫌だったっけ?」

と自分自身感じていることに驚きです。

 

あとは充電の煩わしさがどれだけかというところでしょうか。

 

これはプレゼントに良いかと思います。

2000円くらいで手頃なので、よくイヤホンで音楽聞いている人にいかがでしょうか。