最後はオプション

オプションに関係しないことが大半の雑記です

22年ぶりの卓球に燃えます!

昨日は22年ぶりに10月から再開し始めた、大人の卓球サークルに行きました!


初心者同等レベルなのに、
シングルの試合を6回やりました!

 


そもそも、ルールが変わって
21点制が11点制になり、
サーブ交代が2球ずつ。

サーブの時に腕でボールを隠すのは禁止と、
昔からだいぶルールが変わってやりにくい。

 

というのは言い訳で、
久しぶりすぎてサーブの出し方が分からない、
回転のバリエーションが全くない。

そしてレシーブが取れない。
相手のボールの回転方向が分からない。

回転が分かってもうまいこと返せない(泣)

 

 

汗をかいて楽しいのですが、
まだまだ思い通りに試合運びができるようになるのは、
しばらく先のようです。

(そんな日はいつかやってくるのか!?)

 

参加している人たちは、
私よりも相当レベルが高い人たちばかりなので、
私もスキルアップできそうな気がします。

 

慣れてきたら、
普通のラリー程度であれば続くようになり、
むしろ昔より安定しているんじゃないか?と思えるほどです。

 

スポーツに熱中すると、
全てのことを忘れて目の前に集中するので、
リフレッシュになりますね!

 

数年ぶりに「負けたくない!」と思い、
こんな感情が出るのは何年ぶりだろう?と思いました。

非日常感がリフレッシュのコツなのかな。
 

元VIPメンバーとお会いしました。

昨日、私がやっている普及協会のVIPメンバーシップに
以前所属していた方とお会いしました。


私より若いのですが、
月に脱サラして起業したようです^^

 

不動産関係のお仕事で起業したそうで、
これからの活躍が楽しみですね。

 


オプションは続けているそうで、
VIX系銘柄を引き続き手がけているようです。


アメリカ市場の取引は
日本時間の夜中だからリアルタイムで見続けることはありません。

だから夜にちょっと相場を見て取引するだけです。


お仕事の邪魔をしないで済むのがいいですよね。

 


こうやってVIP会員だった方が
継続してオプション取引をしているのを聞くと、
とてもうれしくなりますね!

 


彼は宅建の資格試験を受ける!(しかも今月)
ので、試験勉強に集中するためにも
夜の空き時間に発注できる取引が合ってるかもしれません。

 

 

 

実は、私も過去に宅建の勉強をして、
資格を持っています。


・・・という話をしたら

「え!資格持っているなら相談したかったのに!」

と言われました^^;

 

まあ、黙っていたわけじゃなく
オプションの話で宅建と絡む事例がないので、
今まで特に触れなかっただけなんですけどね。

 


彼はオプション取引を継続しつつ、
不動産のほうにシフトしていくようでした。

 


オプションで資産を増やしたら、
それをどう使うか。

不動産に目を向けるのもありだし、
証券投資を加速させるのもありでしょう。

 

 

不動産も証券投資も、共通しているのは

「見えないものが見えているか」

だと私は思います。


オプションのリスクカーブや損益の出方、
価格推移の法則は凡人には見えません。

それを見える、読める、分かるひとが利益を上げられます。

 

不動産もボロ物件を見て、
嫌だと思うかリノベしたら高く売れるお宝だと思うか。

まさに見えない金鉱脈が見えているかどうかが
投資判断の分かれ道じゃないかと思います。

 


最近オプション教育をして感じるのは、

「見えないものが見えた」

人がオプション取引に興味を持ち、
参加しているんじゃないかと思っています。


普通の人は見えない。
だからメリットを説明しても「難しい」とか「わからない」に
繋がっていると思っています。

 


でも、この「わからない」が「わかった!」に変わった人だけが、
オプション取引の醍醐味、
オプションの優位性に気づけるんじゃないかと思います。

 


私は今のところ、
不動産よりも証券投資が向いてると感じます。

不動産は一品ものだから、
全く同じように他の人がやって同じ結果にならない。

 

その点、証券投資は、
全く同じようにやればだれでも結果が一緒になります。

つまり「見える」ようになれば、
誰でも稼げるチャンスがある市場だと思ってますので。

聲(こえ)の形 を見ました

昨日NHKで14:30から放送していた
「聲(こえ)の形」を家族で見ました。

聴力障害を持った女の子といじめっ子だった男の子の物語。

実はこの映画、最初に放送した時に妻が録画していて、娘2人は2,3回繰り返し見てて私もちら見したのでちょっと気になっていたのですが

妻「日曜に再放送やるんだって」

娘「え、また放送するの?今度は生で見たい」

妻「じゃあ、ポップコーン買って映画パーティーにする」

娘「やるーーーーー!」

ということで、すでに見た映画を生で見るために日曜の朝にお菓子を買いだしにいきました。
※昨日のNHKは見逃し再放送なので、すでに「生」じゃないのは気にしない(笑)




買ったお菓子は「ポテチ のり塩


妻が「ポップコーンじゃないーー!!」

って憤っていました。
(完全にポップコーン食べながら見る準備してたようで・・・)


うちの長女も次女も「面白い」と言ってたので子供でも分かるような軽いストーリーなのかと思ってたのですが
意外と重い内容でした^^;


いじめっ子の石田君が聴力障害の西宮さんをいじめて、補聴器を何べんも奪っては投げて壊して、それが学校で問題になったら手のひらを返したように石田君が誰からも見向きもされずに一人ぼっちになり、5年くらい経った後に石田君が自殺を図り・・・
というところから始まるストーリー展開。

そして小学校の禍根を引きずり、成長できていない面々。
ついに石田君が心の闇を吐露して、壊れていく友情とその壊れたものを取り戻したい西宮さん。

久しぶりに映画を2時間しっかりと見ましたが、伏線であろう物語を回収しきれずに、次の展開に移ってしまう私の理解能力の無さを実感しました(泣)

これは何度か繰り返し見たい映画ですね。
すでに初回を録画しているし。

だいたい、西宮さんが可愛すぎです。
手話を使う可愛いキャラって、どう考えてもヒロイン向きです。


ちなみにうちの長女(8歳)は、妻の「映画を見てどう思った?」という質問に

娘「耳が聞こえない人は耳に装置を付けるって事が分かった」

と言ってました。


思春期における心の闇、友情と自己承認の葛藤は見事にスルーして、補聴器だけ印象に残ったようでした。

多分、アニメを見るのが楽しい(=テレビを見るのが楽しい)のであって、内容は理解していないんだろうなー。


でもこうやって聴力障害の人との接し方、思春期の心の葛藤を描いたストーリーを2時間で見せきるアニメの威力が素晴らしいです。

パナソニック ドライヤーNA99を購入レビュー 非常に満足度高い買い物でした!

私は娘が8歳と5歳の娘がいて、良く一緒に風呂に入るのですが、
髪を乾かすのが時間掛かっているんですよね・・・。

8歳「あとなんぷん〜?」

と良く聞いてきます。


それを5歳の娘が真似して

5歳「今なんぷん〜?」

と聞いてくるので「8時23分です」と現在時刻を答えて気を紛らわしているのですが、
2人とも髪が長いので時間が掛かるんです。

短髪の私としては「髪切れば早くなるのにな〜」と思いながら、娘の髪と格闘する日々です。


で、直近の買い物として洗濯機では期待値以上の静粛性を手に入れ、
炊飯器ではモチモチ感のあるごはんを手に入れた今、

「ドライヤーも、もしかしたらいいこと起きるんじゃないか?」

と思いつきました。

 


今はふるさと納税で手に入れた日立製のドライヤーなのですが、温度調節機能が少しバカになっているようで、購入当初より吹き出し温度が高い気がしてたんです。

ちなみにドライヤーは4年くらいかな?
洗濯機や炊飯器の13年前のものと違って、それほど年数は経っていないのですが買い替えを決断。

 

そしてamazonでポチッと購入。


パナソニックのイオンケアというドライヤーで1.6万円でした。

f:id:option-trade:20180116135934j:image


実は前から気になってたんですよね。

良いマイナスイオンドライヤーは紙がサラサラになるという話はネットとかで知ってはいたけど、その効果が分からないので

「ドライヤーに1万円以上はナシでしょ」

と思って高機能ドライヤーは買ってませんでした。

 

ですが今回思い切って買ったところ・・・

これが正解(^^)

 

 


まず音がシャープな感じで、音は大きいけどうるさくない。

で、マイナスイオン系で髪がサラサラになるというのは、なんとなく本当でした。

 

「なんとなく」というのは、サラサラになる気がする、という思い込みレベルではなく、なぜか分からないけど明らかにサラサラっぽくなる。

という感じがするからです。

 

 

しかも私の短髪で!

 


セミナーでは私を見た事がある人は分かると思いますが、

「その髪に、ドライヤー要るの?」

レベルの普通の男子の髪の長さなので、マイナスイオンのサラサラ体験は期待してなかったのですが、触感が今までとちょっと違ってサラサラというかしっとりなんです。


これが本当に意外。

まさか私の髪の毛で体感できるとは・・・

 

 

当然のことながら娘たちの髪の毛も、
いつもよりもサラサラになりました。

 


しかも温調モードで
・HOT&COOL
という熱いのと冷たいのを交互に出すモードがあり、

「パパ熱いよ〜」

といわれた時の伝家の宝刀として活用しまくってます。

 

f:id:option-trade:20180116135931j:image

さらに
・SCALP
モードという地肌を乾かすときにぬるい温度にするというモードもあり、髪の乾かすシーンによって使い分けています。

 


俺はスタイリストか??

 

 


でも、なにげに役立ったのは、トリセツで学んだドライヤー前の下準備でした。

 

トリセツに「ぬれた髪をタオルで拭いたら、まず髪をブラシでほぐしましょう」という記載があって、その通りに髪をほぐしたら、タオルで拭ききれない水分が結構出るんです!


タオルドライが重要だということは知っていましたが、どうしても髪がほつれたところは水分が溜まってるんですね。

ドライヤーをしていても水分が溜まったところが残って最後の仕上げに時間が掛かるんだよな〜と思っていたので、このブラシでほぐす工程が目からウロコ!


「いや、それ分かるでしょ。」

って思われるかもしれませんが、今まで気付きませんでした。

 


言われなきゃ気付かない思い込みというのは、本当に言われたらその通りなんだけど、言われるまでは微塵にも考えないことです。

 

ブラシ工程は本当にビックリする体験でした!


ちゃんとタオルで拭いた(つもり)だけど、ブラシを通すと毛先に水分が集まるんです。

これたぶん女性は常識?かな。

 


でも私は短髪人生38年なので、気付かなかったんですね。

しかも上の子が生まれてまともにドライヤーするようになってからだいたい7年後にようやく気付くいたので、本当に思い込みでドライヤーを掛けていることに気付きました。


たった1工程、ブラシを通すことで、日々の小さな不満が軽減される。

そんな体験をしました。

 


こんな風に人は思い込みで生きてます。

不満と思わないレベルの不満を抱えて、その不満が顕在化するのは、何かを購入して不満が明らかになりそれが解消したときです。

 私にとってそのトリガーが、新年から立て続けに買っている家電たちです。


 

あなたにとって思い込みを解消してくれるのは何でしょうか? 

 

欲しいものを躊躇無く買うって、今まで価格見て抵抗があったけど、やっぱり価格に見合った機能がついてるので、満足感高いです(^^) 

資金管理ワークを実施しました

先週末は私が主催して、私のオリジナルゲームを使った資金管理ワークを行いました。

非常に盛り上がりました!

「これがオプションの威力か〜!」

とみなさん実感してましたよ(^^)

あ、もちろん参加した皆さんオプションをすでに知っているのですが、
改めてその威力を実感したという感じですね。

オプションって、いろんな機能があるんですけど、本質は単純明快。

投資対象のヘッジとして損失限定にでき、安心して投資できるようになるためのものです。

でも、いろんなことが出来るおかげで、オプションの機能を見失いがちなんですよね。

それを今回体感して

「これがオプションの威力か〜!」

とうなってもらいました!

毎回ターンごとに資金を投下して疑似体験で投資していただきましたが、
オプションのルールを追加してその威力を知ったとたん、

【自分のターンが来るのが待ち遠しい!】

状態になり、前の人が終わらないのに自分のターンがきたと思ってカードを引こうとする人が続出(笑)

総資産10万ドルからスタートして、1回の投資で1.5万ドルしか投下できない状態から、オプションを使えるようになったとたん、

1.5万ドル

5万ドル

7.5万ドル

8万ドル

12万ドル

というように回数を追うごとに投下資金がガンガン上がっていく!という状態に。

しかも10年のうちに6回も資金が増えないターンがあるのに、
全くヘッチャラでガンガン投資金額を上げてるんです!

(勝率わずかに4割だけ・・・)

しかも笑いながら。

普通の投資ではありえないような、レバレッジを掛けても全く不安が無い投資が実現してました。

それがオプションです。



まさに目の色が変わった瞬間ですね!
これを実感してもらえました。


普段やっているオプションも、本質はこれなんです。

投下資金の最大損失を減らせる。

リスクが減るので低リスクで勝負できるし、レバレッジを掛けて同じリスクで大きな利益も狙える。

もし10万ドル投資しても5千ドルしか失わなければ、果たして何ドル分投資できるか?

この仕組みを理解することで、リスクがある商品でも安心して大利益を狙っていけるようになるんです。



ゲーム終盤には笑いながら

「あーまたリターン0だよ。金守さん、前半より0の割合多いんじゃないの?」

といいながら喜んでリターン0を享受してました。

楽しみながら。



ゲームに参加された方は、みなさん強烈に今回の内容を「身に付けた」ようでした。

また、ワークを企画したいと思います。
その際には参加した後の姿をイメージすると、きっとワクワクすると思います(^^)


なお、今回の投資対象は、勝率は一定です。

しかしながら、オプションによるヘッジを掛けたとたん、
みなさん軒並み0ばっかり引いて勝率はガクンと落ちてました。

もちろん私は操作はしてません。

なのに明らかに0が多くなっている不思議な現象が起きました。


なぜなんでしょう^^;


「0が出ても怖くない、ヘッチャラ」とみんなが思うと、
引き寄せの法則で0のカードを引きやすくなる『場』に変わるのかな?



とても不思議な体験で、理屈では説明できない、次元の違う現象を体験しました。