最後はオプション

オプションに関係しないことが大半の雑記です

日経平均VIは日経新聞に載ってます

セミナーで解説した

日経平均VIは日経新聞に載ってます。

 

VIはボラティリティインデックスの略です。

 

左上の欄にある、「日経平均V I」です。

金曜日の値は21.32ポイントでした。

f:id:option-trade:20181209095732j:image

土曜日の新聞なので、前日の日経VIの値が載っています。

 

「日経プロフィル」というサイトでも20分遅れくらいでみれますよ。

ソフトバンク電波障害を梅田ダンジョンで経験しました

今、大阪取引所の対面セミナーのために、大阪に来ています。

昨日新幹線移動したのですが、
新大阪駅に着いたとたん、
私のソフトバンクスマホが圏外に・・・


「大阪って、ソフトバンクの電波弱いのかな?」

なんて悠長なことを考えながら
御堂筋線で梅田まで移動しても、そのあと南森町まで移動しても、
ずっと圏外のまま。。


実は以前に大阪に来た時もスマホの電波の調子が悪くなって、
その時は電源を入れなおして解決したので、
今回も新大阪から梅田まで5回以上電源を入れなおしまくって、

「なんか調子悪いな~」なんて思ってました。

 

まさにこの時、ソフトバンクは大規模な障害が発生してたみたいですね。


運悪く、ちょうど新大阪に着くと同時に電波障害が発生して、
私の中では「大阪は相性が悪い」って印象を持ってますが、
大阪の電波が弱いわけじゃなかったです(笑)

 

待ち合わせ場所までの行き先をスマホで検索できずに、
スーツケースからノートPCを出して地図検索。


スマホの地図アプリで動きながら方向が合ってるか確認できずに、
雨も降っていて地下鉄の通路で道を覚えて地上で傘を差しながらの移動。


しかも目的地のビルが、
●●ビル本館
●●ビル別館
●●ビル一号館

って同じ名称の類似ビルがたくさん!なんじゃそりゃ!

●●ビルまでは調べたけど、館の名前なんて調べてないぞ!

※これは大阪に限ったことではありません。


今日の朝のニュースでソフトバンクユーザーが
テレビで困った状況をインタビュー受けてましたが、
私もしっかり困ってしまいました^^;

 

結局は5分遅れで目的地に着けたので良かったですが、
スマホが無いと一気に不便な生活になってしまうことが
身に染みて分かりました。

 

 梅田ダンジョンの入り口

梅田から乗り継ぎで、スマホが使えなので
地下鉄谷町線に乗り換えるために行先掲示板を頼りに動いたら


谷町線


谷町線



谷町線


地下鉄 東梅田駅

 

「はい??????????」


谷町線の梅田にある駅は、東梅田駅と呼ばれているようで、
そんなことを知らない私は
谷町線の行先掲示板が途中で焼失して途方にくれました・・・

 

大阪は怖いです(笑)

 

 

これが噂の「梅田ダンジョンか」と、

ダンジョンの入り口以前の場所で悩んでしまいました。

 

東京より難しいです。

 

P.S.

噂のスーパーを見ました。

f:id:option-trade:20181207130714j:image

 

日経CNBCの収録現場に立ち会いました

昨日は日経CNBCの昼の番組の収録に立ち会いました。

こんな感じ。

出演したのは私のビジネスパートナーです。

f:id:option-trade:20181206095719j:image

 

最近、報道番組の背景は普通の社員が仕事してる様な業務フロアが映っていることが多いですよね。

あれって、本当に一般の社員が仕事してるんですよ!

私はてっきり後ろの仕事場もセットの一部で、仕事してる「風」な演出かと思ってました^^;


普通の仕事場の一角にスタジオがあって、そこで収録しているんですね。

一般社員が意図せず顔出ししちゃう感じです。

 

共演した岡村さんは、生放送も手慣れた感じでしたが、なかなか失敗ができない緊張感は怖いですね。
(と言っても私が出るわけじゃないのですが)


予定時間が11分で、少し延びてもいいですよと言われましたが、
さすが収録で場慣れしているうちのパートナーはきちっと11分でまとめ上げていました。


素晴らしい^^


基本的に収録やオンデマンド放映は無くて、
日経CNBCのサイトにある日経チャンネルマーケッツ(月額制)
でしか放送は見れないみたいです。

でも、収録映像はDVDでもらえるようなので、
今度からセミナーの冒頭にでも収録動画を放映できるかな~。

卓球ラバーをマークVからライガンに変えてみました!

およそ3か月前から週1回程度卓球をしています。

先週末、初めてラバーを変えました!
(ラバーは、ラケットに貼ってあるボールを打つゴムの部分です)

 

卓球サークルで打っている相手から、

「マークV(私が使っているラバーの名前)よりもライガンのほうが弾むよ」

と言われたので変えてみました^^

f:id:option-trade:20181205103254j:plain

 

私のラケットは卓球ショップで、
2番目に安いラケットを何となく選んだだけなので、
こだわりはありません。

そしてラバーは、
名前を知っているからという理由でマークVでした。

22年前にやってた頃にもマークVはあって、
ただ知っているという知名度だけで決めてます(笑)

 

 

私が下手だということもあるんですけど、
私のラケットとラバーの組み合わせがかなり弾まない仕様だったようで、
いつも相手に

「ボールが当たったときの音が変わっているね」

と言われていました。

 

で、今回はライガンというラバーにしてみたところ、
これがすこぶる調子がいい!

 

f:id:option-trade:20181205103340j:plain

 

ラケットを振る動作が小さくても、
小手先でドライブをかけても、
ピシッとボールが飛んでいく感じです。

うまくなった気分^^

 

 

最初からこのラバーにしておけばよかった!
と思うくらい、
ラバーを変えて打球の勢いが変わりました。

 

なんとなく22年ぶりに始めた卓球で、
まさか3か月経たずにラバーを交換すると思いませんでしたが、
(なにせ腕が無いので道具のせいに出来ない)

いざ変えてみたら満足度が高い効果が得られて、
いい買い物をした気分です^^

 

これで卓球がより一層楽しくなりました。

 

ラバーを変えるなんて、
3か月前の私からは全く想像できませんでしたが、
自分だけの考えで凝り固まっていたら、
この卓球の楽しさを感じることもなかったかもしれませんね~。

 

 

もしかしたら投資もこれと一緒かなって思いました。


自分の考えに縛られていたら、
今までと変わらないスタイルしかとれないでしょう。

投資の楽しさも感じることができずに、
損失を積み上げていくだけになってしまったら、
面白くないですよね。


今回紹介しているノックアウトオプションのような、
新しい発想の商品をどう使うかを考えてこそ、
投資家として成功できるんじゃないかと思います。

 

 

P.S.


いつも2時間程度打っていますが
卓球の動きをだんだん思い出してきて動けるようになってきたので、
次の日はいつもお尻に張りがあります(笑)

 


妻には
「週1回の運動で、いつかブチっと筋が切れるのでは?」と
半ばあきれ顔で言われています^^;

IG証券のノックアウトオプションについて研究しました

今年の9月に新しくできた、
IG証券の「ノックアウトオプション」はご存知ですか?

 


WebではFXを中心に紹介されていますが、
日経平均株価に対応した銘柄もあります。

 


これを使うと、
先物ラージがわずか証拠金10万円程度で、
保有できるポジションを作れます。

 

もちろん少ない証拠金だと
ノックアウトされやすいリスクはあるので、
余裕をもって設定するともっと必要証拠金は高くなります。


でも、今のSPAN証拠金は75万円なので、
非常に資金効率が高くできるのが特徴です。

 

 

 


この商品は、
いわゆる「すべり」が無い。

 

週末窓を開けても、
サーキットブレーカーが発動しても、
必ずノックアウトレベルで約定されるのが特徴です。

 


つまり完全損失限定を実現できます。

 

今まではオプションじゃないと
週末を超すリスクはヘッジできなかったのが、
新たに選択肢が増えました。

  

ただ、普通のオプションと違って、
ノックアウトプレミアムという保証料を支払うことで、
ロスカットを必ず保証する仕組みであり、
オプション取引の性質とはちょっと違います。

 

 


でも、これを我々が対象とする
オプション取引にも活用すると、
これまでにない取引を実現出来るかもしれませんね。

 

こちらの記事に詳しく書きました。

IG証券のノックアウトオプションは資金効率の高い取引が可能

全盲のおばあさんに、幸せな人生は何か考えるプレゼントをもらいました

先日、実家の仙台にいき、
子供のころよく遊びに行っていた
近所のおばあさんの通夜に参列しました。

キリスト教の洗礼受けている方なので、
通夜ではなく(前夜の祈り)として、
教会で賛美歌を歌い思い出を語る会です。


94歳で亡くなりました。

 

このおばあさんは、
目が見えません。


私が小さいころ(小学生くらいかな)におばあさんの家に行くと、

「ああ、〇〇ちゃんか(私のあだ名)。よく来たね。」

とこちらに向かって話しかけてくれるので、
目が見えないといっても、
視力が落ちていてなんとなく見えるのかなと思ってました。


盲導犬もつれてないし、
杖も使っていないので。

 

私の小さい時なので、
30年以上前のことです。

 


で、このおばあさんは目が不自由だということは
私が子供のころから知っていましたが、
昨日お別れの言葉で初めて知ったのは、

60年前、おばあさんが30歳のころに、
難病で視力を失い光も失って、
全く見えない状態で生活していたとのことです。


私が小さい頃のおばさんの姿を見て、
全盲で光も全く見えないとは、
到底思えない振る舞いをしていました。

 

 

私はいま39歳ですが、
30歳で全盲になったと想像したら
(リアルに想像すらできませんが)
どんな心境だったか。

その後60年間をどんな気持ちで過ごせばよいのか。


私だったら、全盲になった原因の難病を呪って、
きっと落ち込んだまま暮らしているんじゃないかと思います。

 


でも、

このおばあさんが、
近隣の学校で公演をする機会があって、
その場でこう言ったそうです。


「私は30歳で光を失いました。

でも、私には海の景色、山の景色、街の景色をイメージできます。

それは、私が30歳までは目が見えていたから、
思い出せばイメージできるのです。

生まれたときから全盲で目が見えない人に比べて、
私はずっと幸せ者だと思っています」

 

 

 

  マジで神。

 

 

 

 


私はまだまだ人生経験が浅いですが、
いくら充実した人生を送っても、徳を積んでも、
盲目になってもなお

「私は幸せ者だった」

と果たして言えるだろうか。

 

たぶん、身を呪って、難病を呪って、
なんで私だけこんなに不幸なんだと嘆くでしょう。

 


このおばあさんは、
盲導犬を頼りにしないことや、
杖を使わないのは、

「周りに助けてくれる人がいるから、要らない」

ので使っていなかったそうです。

 

周囲の介助や手助けが必要だし
周りの人は相当苦労したでしょうが、
私は幼心にそんな苦しみは微塵も感じませんでしたし、
いつもニコニコして心穏やかなおばあさんでした。

 

もし私が今全盲になり、
30年後に孫の前で「私は幸せだった」と言えるか??


一生懸命胸を張れる人生だったと言えるように
今は精一杯努力していますが、
このおばあさんを超える境地は、到底到達できなさそうです。

 

 


あなたは、幸せな人生を送っていますか?


私は、幸せな人生を送りたいから、
今せいいっぱいの努力をしています。


数年後に振り返って、
この2018年は幸せだったし、
2019年、2020年、2021年もずっと幸せだったと
胸を張って言えるようにしたいと思っています。

 

本当は葬儀だけ参加するつもりで、
通夜(お別れの会)は出なくていいかなと考えてましたが、
まさか私の小さなころの思い出がありありと蘇って、
故人の考えに触れて涙するとは思いませんでした。

 

このお別れの会に参加したことで、
私の人生観が少しずつ変化するかもしれないと、
そんなことを感じました。

参加してみないと絶対に得られない、
貴重な体験。

これもおばあさんの
最後のプレゼントかも知れません。

 


P.S.

このおばあさんが無くなったのが94歳で
23:45に息を引き取りました。

今日は、このおばあさんの旦那さん、
3年前に亡くなったおじいさんの命日です。

おじいさんが無くなったのも94歳。
そして亡くなった時間が23:45とのこと。


二人仲良く、同じ時間に息を引き取り
天に召されました。


偶然にしては出来すぎの、
まさに奇跡の物語を知ることが出来ました。


この物語も、
涙なしでは聞けませんでした。

 


あなたは、幸せな人生を送る努力していますか?

私は今はまだ手探りですが、
きっと将来幸せだったと言えるように頑張っています。

個人投資家の9割以上を顧客に抱える証券会社の人が集まった!

昨日は証券会社との勉強会にJPX(日本取引所)へ行って参加しました!

 

参加した証券会社だけで、市場の9割近くの投資家をお客さんとして抱えているのではないかと取引所の方が言ってました。

オンライン証券の方と、対面証券会社の方。

 

うちの協会と合わせれば、日本のオプション参加者のほぼすべてにアプローチできる人たちが集まったのではないでしょうか^^

趣旨は勉強会で、取引所からは海外のオンライン証券の話がありました。

 
日本ではオプションは売り玉制限で一律枚数を制限されていますが、アメリカの証券会社では、戦略で分類しているそうです。


例えば、現物買いはレベル0。

これはオプションではないので、レベルは付きません。

 

次のレベル1が、かぶオプの戦略。


バードコールは、追加のリスクはありません。

そして現株を買う資金をもって、株オプションのプット売りをするターゲットバイイングは、指値に対して発注方法の違いだけで、追加のリスクがほとんどない。

だからレベルが高くない。

 

こうやって投資家のスキルやレベルに合わせて、戦略ごとにレベルを分けて、人によってどの取引までできるか決めているそうです。

 
ちなみに、
最高レベルは「指数先物売買」「裸のオプション売り」

  


あなたは、いきなり最高レベルからやってませんか?????

 
このレベル分けした戦略分類の発想は私はこれまで整理しきれてなかったのですが、さすがオプション先進国のアメリカはきれいに分類していますし本質をついていると感心しました。

 
参加した証券会社の方も言っていましたが、


投資信託



FX

先物

オプション


と順に学んでいきレベルも高くなる、というイメージがありますが、先物は高難易度レベルのようです^^;

 

なので、この矢印の順に投資を学んでいくのは、指数先物売買と裸のオプション売りを身に付けるのには適していますが、かぶオプを取引するフローではないんですね。

 

このようなベルで分類して、しかもかぶオプの戦略がレベル1と非常に難易度が低いという事実は、非常に参考になりました。

 


シンプレックスインスティテュートの安藤さんが皆さんの前でかぶオプについて話をしていましたが

「ちょっとお得に株を安く買う」
「ちょっとお得に株を高く売る」

これができるのがかぶオプですよ、というフレーズがありました。

 

まさにその通りで、難しいギリシャ文字が無くても、「ちょっとお得に」取引できるのがかぶオプの魅力ですね。

 


昨日は非常に有益な内容の懇談会でした。